民泊のプロが無料相談実施中!リノベーション費用弊社全額負担!空き家を民泊で有効活用。大阪

空き家・古家活用「民泊(Airbnb) × 大阪空室繁盛」

ホスト 空室繁盛ブログ

部屋ごとの客層の違い①

更新日:

ホストスタッフまつもとです。

駅チカワンルーム、道頓堀すぐ、郊外和室、10人超の大部屋など色々な種類のairbnb代行をさせて頂いています。

同じ大阪市内でも国や客層、利用の仕方が全然違って面白いです。

c677d2b6
まずは利用の仕方から。
駅チカワンルームは、まさにバックパッカー的な利用が大半です。外にいっぱい観光に行きたい、滞在時間短く、安く動きやすい場所に寝れればオッケイ。部屋は自分である程度キレイにして返す。という旅慣れたかんじ。

10人超の大部屋は、「滞在拠点」として選んでいただけてるとすごく感じます。空港に着いたらまず、部屋に来たい。お客様の8割以上は、チェックイン前でもまず部屋に行きたい。荷物を置かせて、と相談して来られます。また滞在期間も比較的長い印象です。

想像どおりかもしれませんが、見事に客層、使い方、聞かれる相談が違っておもしろいです!

それぞれのお客様の、ニーズを捉えて良いサービスをしていきたいですね。

-ホスト, 空室繁盛ブログ
-

Copyright© 空き家・古家活用「民泊(Airbnb) × 大阪空室繁盛」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.