記事の詳細

555
特定のフォーマットはありませんが、民泊を始めるにあたっての内容を書いた文書を近隣の方に説明する必要があります。
図のようなイメージで、赤の民泊と書いた建物とその近隣のうちBとDには説明の対象となります。

まず対象となるBとDについて、
B…民泊の建物がある敷地に隣接している建物である
D…民泊の建物がある敷地から道路を挟んで10メートル内にある建物

そして対象外であるAとCについて、
Aは民泊をしている建物の外壁から20メートル圏外、
Cは民泊をしている建物の敷地から道路を挟んで10メートルを超える敷地にある建物

あくまで義務ですので最低限以上でも出来る範囲でコミュニケーションを取っておくに越したことはありません。
しかしながら「説明の義務」はあれど同意までは取り付けなくて良いというところがポイントです。
出来るのであれば皆が納得の上で始めることが後にも先にもうまくやっていく要因かと思います。
恐らく道に迷っているゲストがいたり、思いがけずトラブルがあった時のためにも助け合い出来る関係づくりが大事ですね。

Paul

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

2016年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
ページ上部へ戻る