記事の詳細

Airbnb初心者の新米Booです。

先日、サンケイビズを読んでて気になるニュースがあったのですが、海外からの観光客の呼び込み強化とか、雇用の創出(40万人)、また2020年までに地方の免税店を3倍に増やす等、ここ数年の間に観光による日本経済の更なる発展を視野に入れた取り組みが政府で計画されているという内容。

=====以下引用(訪日外国人の消費、4兆円目標・・・2015/6/6 SankeiBiz掲載より)=====

 政府は5日、観光立国推進閣僚会議を開き、訪日外国人客による旅行消費額を年間4兆円に倍増させる新たな観光立国行動計画をまとめた。訪日外国人客数2000万人を達成する年に2014年比で倍増させる。また、全国で40万人の新たな雇用を生み出すことや、20年までに地方の免税店を3倍に増やすことを盛り込んだ。訪日外国人客の取り込みを強化し、観光を日本経済を牽引(けんいん)する基幹産業に成長させる。

 14年の訪日外国人客数は約1341万人で、旅行消費額は2兆278億円だった。政府は訪日客2000万人を達成した年に旅行消費額を4兆円にする。また、魅力ある観光地域づくりに取り組み観光客を呼び込むことで、全国で40万人の雇用を創出する。

太田昭宏国土交通相は記者会見で、これまで「五輪イヤー」の20年に達成するとしていた訪日客数2000万人の達成時期に関し「20年より前倒しになる」との見通しを示した。

 また、地方創生のため、地方の免税店を増やす。3大都市圏以外の免税店数を4月時点の約6600店から、20年に3倍の2万店規模に拡大する。都心部に集中している免税店を地方に広げることで地方への誘客や消費拡大につなげる。

 このほか行動計画では、地場産品をアピールするために地方ブロックごとのブランドマークで認証する制度の創設▽ビザ要件の緩和▽新たな季節需要・訪日需要の掘り起こし▽多言語対応の強化などに取り組むことを盛り込んだ。

=====引用ここまで=====

外国人観光客に人気の高い、医薬品や化粧品、食料品が昨年10月に免税適用が認められましたけど、地方の百貨店などでは、日本の主要都市の百貨店などに見られるような効果がそれほどなかったようなので、政府のこのような取り組みで地方の観光客誘致にも効果が表れるよう期待したいですね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

2015年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページ上部へ戻る