記事の詳細

閲覧してくださってる皆様、初めまして。新米スタッフ・Booです。
よろしくお願いいたします。

先日、遅ればせながら初めてAirbnbの存在を知ったわたくし。
どのような運営方法で、世界中からの観光客の皆さんからご利用いただいているのか、仕組みが分からないままこの業界に足を踏み入れさせていただきました。

新たに携わるお仕事で、今後きっと色んな方との出会いや研鑽を深める出来事が起こるのだろうなとは思っていましたが、まさかいきなりハプニングが起こるとは想像もいたしませんでした。

3日前の夜、突然事務所から一本の電話が・・・

「Airbnbを予約して来てくださったお客様が、お部屋までのルートが分からず◯◯駅で待ってます!」と。

tennoojiyoru

慌てて、お客様が待つ駅まで向かったものの、お互いに事前の連絡の取り合いもなく、事務所を挟んだ形でのやり取りで、無事お会いしお部屋までご案内出来るか非常に不安でした。

しかし、事務所もこの種のハプニングは手慣れたもので、お客様とわたくしはほどなく対面出来ることと相成りました。
お客様も迅速に対応してくれた事務所の行動に感謝してくださり、また会話を楽しみながらお部屋まで無事にご案内することが出来、良い印象を持ったままお客様の旅が始まるのだと思うと、大袈裟ですが、Airbnbは世界とつながる架け橋になっているのだなと実感することが出来ました。

今後もAirbnb(代行させていただいている物件も含め)が、世界中の多くの皆様方に親しまれることを祈りつつ、今日、また明日と勉強させていただきながら携わらせていただけると幸いだなと思いました。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

2015年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
ページ上部へ戻る