民泊(airbnb)とは

Airbnbについて

airbnb webサイト
Airbnb(https://www.airbnb.jp/)とは、アメリカ発のサービスで自分の部屋を有料で旅行者などに短期貸しする、というものです。
airbnb(エアビーアンドビー)は、2008年8月に創業、本社をカリフォルニア州サンフランシスコに置く、宿泊施設を貸し出す人、またはその部屋を借りたい人向けのウェブサイトを運営する会社です。世界192か国34,000以上の街で、部屋を貸す人と借りる人とをつないでおり、世界中のユニークな宿泊施設を、ネットやスマホやタブレットから予約することができる、信頼性の高いコミュニティー・マーケットプレイスです。簡単にいうと、「世界192か国で、ホームステイができる」ということです。
airbnbは、世界中に空室などを持つホスト(宿泊場所・民泊提供者)と、宿泊場所を探しているゲスト(旅行者)をつなぐ、インターネット上のプラットフォームです。希望する都市名を入力すると、ゲストを迎え入れたいホストの物件写真と顔写真を見ることができます。もっとも多い物件は、一軒家やアパートの空室となりますので、ホスト側にとってみれば、空室の有効活用ができるというわけです。

民泊(Airbnb)で空室を有効活用

民泊(airbnb)と普通のホテルに宿泊することの違いについては、宿を提供するホストと交流することができるという点です。前述しましたように、まさにホームステイ感覚で、宿泊することができます。民泊(airbnb)の利用が活発なのは、欧州となります。ヨーロッパ人は、そもそもB&B(Bed&Breakfast)と呼ばれる、朝食付きの宿に慣れ親しんでいる風土だからです。人を家に泊めたり、泊まったりすることも当たり前であり、さらに、日本やアメリカと比べるとヨーロッパは休みが多いというのも、民泊(airbnb)が定着した背景となります。
現在、日本でもホストの数は増加傾向にあります。日本には、子供が成長して巣立ってしまい、子供部屋が空室状態の家がたくさんあるのが現状です。空室を有効活用することによって、収入を得ることができますし、子供が巣立って年配のご夫婦だけになった家に、人が訪ねて来るという楽しみもあります。これから日本でも、ますます民泊(airbnb)は普及していくと思われます。

民泊(airbnb)に関するニュース

airbnb(エアービーアンドビー)北アジア責任者が明かした成長の理由
パリで起きたAirbnbの規制とは?
Airbnbが見るこれからの日本市場とは?
Airbnbに関しての注目発言「グレーならガンガンやっちゃえ」
Airbnbの法的リスクその1
日本の空き家問題とAirbnb

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る